カテゴリー:コラム>楽山文庫

357件あります。(1件目〜30件目) 次の30件→
掲載日 タイトル カテゴリー
2021/03/05 梅は伐れ桜は伐るな (うめはきれさくらはきるな)
楽山文庫
2021/02/26 梅に鶯 (うめにうぐいす)
楽山文庫
2021/02/19 東風吹かば匂ひおこせよ梅の花主なしとて春を忘るな
楽山文庫
2021/01/22 日記(にっき)
楽山文庫
2021/01/15 あらたまの年たちかへるあしたより待たるるものは鶯の...
楽山文庫
2021/01/08 辛丑(かのとうし/しんちゅう)
楽山文庫
2021/01/04 一年の計は元旦にあり(いちねんのけいはがんたんにあ...
楽山文庫
2020/12/04 嵐吹く三室の山のもみぢ葉は竜田の川の錦なりけり
楽山文庫
2020/11/27 小倉山峰のもみぢ葉心あらば今ひとたびのみゆき待たなむ
楽山文庫
2020/11/20 ちはやぶる神代もきかず竜田川からくれなゐに水くくる...
楽山文庫
2020/11/13 奥山にもみぢふみわけなく鹿の声聞くときぞ秋はかなしき
楽山文庫
2020/10/09 見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ!
楽山文庫
2020/10/02 心なき身にもあはれは知られけり鴫立つ沢の秋の夕暮れ!
楽山文庫
2020/09/25 寂しさはその色としもなかりけり 槙立つ山の秋の夕暮れ!
楽山文庫
2020/09/18 秋の田のかりほの庵の苫をあらみ わが衣手は露にぬれつ...
楽山文庫
2020/09/11 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬ...
楽山文庫
2020/08/21 風そよぐならの小川の夕ぐれはみそぎぞ夏のしるしなり...
楽山文庫
2020/08/14 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを雲のいづこに月やどる...
楽山文庫
2020/08/07 ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる!
楽山文庫
2020/07/31 春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣ほすてふ天の香具山!
楽山文庫
2020/05/08 自然に帰る。(しぜんにかえる。)
楽山文庫
2020/05/01 忍の一字が一大事。(にんのいちじがいちだいじ。)
楽山文庫
2020/04/24 役不足。(やくぶそく。)
楽山文庫
2020/04/17 正直は一生の宝。
楽山文庫
2020/03/20 席の温まる暇もない。(せきのあたたまるひまもない。)
楽山文庫
2020/03/13 学問に近道なし。(がくもんにちかみちなし。)
楽山文庫
2020/03/06 温厚篤実。(おんこうとくじつ。)
楽山文庫
2020/02/28 仁者無敵。(じんしゃむてき。)
楽山文庫
2020/02/21 改過自新。(かいかじしん。)
楽山文庫
2020/01/24 遠きに行くに、必ず邇きよりす。
楽山文庫
357件あります。(1件目〜30件目) 次の30件→