カテゴリー:ニュース>スポーツニュース
KIRIN CHALLENGE CUP 2019 U22日本代表 コロンビア代表が2-0で勝利する! (2019-12-27)
KIRIN CHALLENGE CUP 2019 U22日本代表 VS コロンビア代表が、2019年11月17日にビッグアーチで行われました。
3万近い観客が集まりました。
試合前の日本代表への高まる期待感でした。
後半、25分まで観戦しました。
























来年に向けて、期待する分、以下辛口でコメントしました!
しかし、前に、ゴールにとう気持ちが伝わってくる挑戦するというプレーがあまりにも少ない。
簡単にバックパスをする。球際での奪い取る気持ちの強さが感じられない。
観ていて、ワクワク感のないゲームでした。
ただ、久保、堂安選手がボールを持つとゴールという気持ちが伝わってきました。
5、22番は、サイドを突破するというプレーがほとんどない。
2番はパススピードがなく、パスカットからピンチをつくり、ゲームの流れを作れない。

コロンビアは、やはり、ゴールを奪うという気持ちが伝わってきました。














KIRIN CHALLENGE CUP 2019 コロンビア代表の平和公園への献花が、2019年11月15日に行われました。
選手と指導者30名が、午後15時、平和公園に訪れました。
献花の後、原爆ドームを見学しました。
選手たちは、どこに落ちたのか?どのくらいの人が亡くなったのか?なぜ、原爆ドームはなくならなかったのか?






















私は、選手に質問をしました。コロンビアの学校で、原爆のこと学ぶ機会があるのか?
ウンポコ(un poco)ほんの少しと返答がありました。
残念ながら、まだまだ、広島の原爆のことは世界に広がっていないと感じました。
サッカー(スポーツ)イベントを通して、ノーモアー広島を伝えていかなければならないと思いました!

選手たちと多くの指導者は、次の予定があり、原爆ドーム見学後、ホテルへ帰りました。
しかし、団長のセサルさんは、一人で原爆資料館を見学して、観たこと皆に伝えたいと言って、一人で資料館を見学されました。
残念ながら、ここで、スペイン語の資料館案内は用意されていませんでした。
私は、最低でも英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語は、同時に翻訳機を用意するべきだと思いました。
広島市の仕事のやり方を変革してほしいと思いました。
3年前からどんどんいろいろな国の方が、原爆資料館へ足を運んでいます。その現場を観れば、翻訳機の必要性はわかるはずです。
遅すぎるとしか思えません!
8月6日の莫大なお金をかける式典の規模を縮小してでも、本当に原爆のことを学ぶ人へのサービスを充実させてほしと思います。


2019年11月14日、日本代表とサンフレのテストマッチが行われました。
久保選手と堂安選手がどんなプレーをするのか?
まじかで、感じる機会を得ました。
残念ながら、堂安選手は、アップのみで、ゲームには出場しませんでした。
気の強いプレーをする感じは、練習から伝わってきました。


久保選手は、15分くらいゲームに出場しました。
感じたことは、3つありました。
1。自分のポジショニングと周囲の選手の情報をたくさん得る動きをしていました。とにかく首振りが多い。
2。ボールを持ってから次へのプレーの速さが凄いと思いました。プレーのスピード感がある。
3。サイドから中への入りがゴールの匂いがする動きをしていました。
プレーの切れ味という点で、凄いと思いました。
























KIRIN CHALLENGE CUP 2019 U22日本代表が、2019年11月13日平和学習をする!
久保・堂安選手も参加して、平和の大切さを学習しました。
久保選手は、物静かな落ち着いている。クールな賢そうな選手でした。
堂安選手は、ものおじしない感じの選手でした。
11月17日のピッチでの活躍を期待したいです。

横内コーチも、平和学習で講話された方へ寄り添いながら勉強されていました。


















KIRIN CHALLENGE CUP 2019 U22日本代表 VS U22コロンビア代表 
2019年11月17日、12時50分 エディオンスタジアム広島


チケット購入&詳細のリンク先:リンク
関連イベント:KIRIN CHALLENGE CUP 2019 U22日本代表 VS U22コロンビア代表