カテゴリー:ニュース>フレスポのお知らせ
広島ジュニアサッカーニュース 2月 (2021-02-23)
2021年 2月 JSN102号 広島県サッカー協会第4種委員会広報部

2月6日(土)、7日(日)の2日間、天候に恵まれた中、『第1回 U-11広島チャレンジカップ 広島県決勝大会』がツネイシフィールドにて開催され、予選を勝ち上がってきた16チームが熱戦を繰り広げました。

≪決勝戦≫ サンフレッチェ vs シーガル
1ピリオド
試合開始1分、左サイドからのスローインから15番が抜け出し先制を挙げる。10分にはサンフレッチェのロングパスをカットし、左 サイドで受けた9番が豪快に左足を振り抜
き追加点を挙げる。

2ピリオド
サンフレッチェは高い技術で後ろから組み立てようとするが、シーガルの素早いプレスに苦しむ。シーガルはスピードを活かしサイド突破を試みるもサンフレッチェも体を張った守備でゴールを許さない。試合は2-
0のまま3ピリオドへ。

3ピリオド
一進一退の攻防が続く中、サンフレッチェ は11分にコーナーキックのチャンスを2番がヘディングで合わせ1点を返す。さらに追加点をめざすもそのままタイムアップ。シーガ
ルが優勝を飾った。



≪3位決定戦≫ 世羅 vs ローザス
1ピリオド
ローザスは終始ボールを保持し得点を狙う中、6分に左サイドからパスを受けた6番が冷静に流し込み先制。続いて10分にも6番が追加点をあげた。世羅は守備の時間帯
が長く苦しい展開が続く。

2ピリオド
ローザスは7番を中心に何度もシュートチャンスを作り出すも決めきることができない。世羅は11番を中心に守備に奮闘するも攻撃に転ずることができなかった。

3ピリオド
世羅は8番、11番を起点に攻め込むもローザスの守備を崩せず。ローザスは6分、7番が右サイドからカットインで左足を振り抜き
3点目を挙げ、そのまま試合終了。


≪準決勝≫ サンフレッチェ vs ローザス
1ピリオド
試合開始直後のフリーキックをサンフレッ チェ18番が直接決めて先制。続けて5分、15番がドリブルを1度は奪われるもすぐさま奪い返しミドルシュートを決めて追加点。 ローザスは10番がドリブル突破を試みるも
決定機を作れず。

2ピリオド
サンフレッチェが終始ボールを保持し、ローザスは苦しい展開が続く。ローザス7番が シュートを狙うも好機に恵まれず。サンフ レッチェは3番が追加点を挙げ3-0。

3ピリオド
ローザスは7番、10番を中心にシュートチャンスを何度か作るもサンフレッチェの堅い守備に阻まれる。サンフレッチェは15番が4 点目を挙げそこで試合終了。


≪準決勝≫ シーガル vs 世羅
1ピリオド
試合開始直後、左サイドを突破した9番のクロスから15番が合わせてシーガルが先制。続いて6分、9番が蹴ったコーナーキックを5番が強烈なヘディングシュートで追加点。世羅は守備の時間帯が長く苦しい展
開が続く。

2ピリオド
1分、左サイドからのクロスのこぼれ球を12 番が押し込み3点目。3分、相手のクリアミスを逃さなかった12番がGKの位置を見て冷静に流し込む。世羅は11番がボールを奪って前線に持ち込もうとするもシーガルの堅い守備を崩せず。

3ピリオド
4分、世羅が中盤でボールを奪い素早いカウンターで左サイドから中でフリーの4番へ合わせるもGKの好セーブに阻まれる。終了間際のコーナーキックでシーガルは2番が押し込み5点目を挙げ、そのまま試合は
終了した。