カテゴリー:記事
シーガルvs皆実 試合模様①! 令和2年度広島市スポーツ少年団(4年生大会) (2020-11-30)
会場:広域公園第一球技場

最初に得点を奪ったのはシーガル。
ゴール前の直接FKを16番が直接決め先制する。
勢いついたシーガルに対し、皆実は守る時間が続くが粘る。
すると、ハーフライン付近の直接FKのロングパスに、左サイド7番が受ける。中央に切れ込み右足で鮮やかな同点ゴール。
同点に追いついた皆実だが、シーガル32番の流れの中からのゴールに再びリードをされる。
このまま試合は終了し、2-1でシーガルが勝利する。










試合結果
関連イベント:令和2年度広島市スポーツ少年団(4年生大会)