カテゴリー:記事
広島観音vs広島皆実B 試合模様①! 高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2020 広島 (2020-09-28)
会場:広島皆実高校サッカー場

前半、皆実は右サイドから左サイドへ大きくサイドチェンジしたボールを8番が受ける。8番は中央にカットインし、PAやや左外から右足で素晴らしいミドルシュートを決め先制ゴールを奪う。
リードされる観音は、右サイド10番がボールを持つと、鋭いドリブルから皆実ゴールを狙うが、CB3番、4番の集中した守備にゴールを奪えず、前半終了。
後半になると、観音は攻めてと守りがいい距離感を保ち、セカンドボールを奪えだし、ボール保持率があがる。8番、10番、11番といい連携でゴールを狙う。
しかし、皆実は交代枠を上手く使いながら、観音の勢いを止めにかかる。
観音は最後までゴールを狙うが奪う事は出来ず、皆実が1-0で勝利する。














試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2020 広島