カテゴリー:記事
八幡vs仁保 試合模様②! JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会 広島支部予選 (2020-09-24)
会場:沼田運動公園

仁保は試合開始から、14番、5番、9番が丁寧にボールをつなぎリズムをつくる。
それにたいし前線の10番が裏をとる動きで八幡ゴールに迫る。
対する八幡はボールへの寄せが速く、奪ったところから前線へカウンターを仕掛ける。29番のキレのあるドリブルで何度かチャンスを生むが、前半両チームとも0-0スコアレスで折り返す。
後半になると、八幡は37番がドリブル、FKからおしいチャンスを作る。
チャンスは両チームともあるものの、集中した守備で得点を譲らず0-0で勝負はPK戦へ。
八幡GKのセービングもあり、PK戦の末に八幡が勝利する。
















試合結果
関連イベント:JFA 第44回全日本U-12サッカー選手権大会 …