カテゴリー:記事
瀬戸内Cvs広工大B 試合模様①! 高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2020 広島 (2020-09-22)
会場:広工大高

両チームとも後ろから丁寧にパスをつなぎ、効果的な縦パスでゴールに向かう。
広工大は4番、5番がいい対応の守備をみせる。
対する瀬戸内の10番、14番、11番が攻撃の中心となる。
先制点を奪ったのは瀬戸内。相手のCKを2番が前線へ大きくクリア。そのボールに対し11番が反応しそのままゴールエリアに運び、最後は相手の守備をうまくかわし先制ゴール奪う。
前半、瀬戸内1点リードで後半へ。
後半は両チームに得点が生まれ、結果は2−2の引き分けで終了する。










試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2020 広島