カテゴリー:記事
福山シティFC vs 福山大学 試合模様⑤! MIKASA CUP 全広島サッカー選手権大会決勝大会 (2020-08-14)
会場:福山大学

序盤、シティが低い位置でボールを丁寧に動かし、隙をみて、縦にくさびのパスをいれ攻撃のスイッチを入れる。そのスピードに福大は、なかなかボールを奪えず。
8分、シティは相手ののクリアを拾い、右サイド14番に展開する。14番のキープに、19番がオーバーラップをしボールを受けるとダイレクトで浮き球クロスをあげ、ゴール前の33番にドンピシャで合わせ先制点を奪う。中盤の7番、14番、20番の相手の中盤への寄せもはまり、福大は我慢する時間が続く。
30分過ぎには、福大は相手のスピードになれ、徐々にボールを保持する時間が増える。17番がボールをもつと、ドリブル、キープと攻撃の起点となる。
前半、シティ1点リードで折り返す。

後半、最初のチャンスは福大にくる。相手からボールを奪うとカウンターから11番が抜け出し、続くように10番も追いかけ、ゴール前の混戦からチャンスを作るもシュートを打ち切れず。
その後もしばらく福大がボールを動かす時間が続き、決定的なチャンスもあったが決めきれず。
30分ころから、シティの交代で入った32番がトップでいい仕事をする。味方からの楔のパスに対し、しっかりとキープし、シティに再び流れを引き寄せる。味方のクロスから決定的なヘディングシュートを打つも、枠をとらえきれず。
追いかける福大はパワープレーに出るが、最後までシティの堅い守りを崩し切れず、結果は1-0で福山シティFCが勝利する。










試合結果
関連イベント:MIKASA CUP 全広島サッカー選手権大会決勝大会