カテゴリー:記事
就実vs大社 第18節! 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 中国 (2019-12-11)
就実 2-1 大社

就実はロングボールから裏を狙って攻撃を組み立て、大社はサイドから攻撃を組み立てる。
前半28分、就実はロングボールから9番が裏に抜け出しチャンスを作ると相手DFに倒されPKを獲得する。9番が自ら決めて先制する。1-0で前半終了
。後半開始早々、49分、就実の6番からのロングボールに11番が抜けると右足で決め、2-0とする。
その後は、大社がポゼッションを高めると後半74分、中央で10番が持ち上がり、24番とのワンツーで抜け出すと10番が右足で決め2-1とする。
その後も大社は支配率を高め、就実もカウンターから追加を狙うが、そのまま試合終了。
2-1で就実の勝利でした。

得点者
就実
28分9番松井愛篤
49分11番野口悠吾

大社
74分10番伊藤悠星














試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 中国