カテゴリー:記事
瀬戸内Bvs沼田 試合模様②! 高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2019 広島 (2019-12-03)
会場:沼田高校

選手権も終え、3年生にとっては最後の公式リーグ戦、引退まで残り僅かの選手も多くいる。残留、降格もあり、最後までリーグ戦は目が離せない。
試合が始まると両チーム運動量が高く、ボールへのアプローチが早い。
瀬戸内、ボランチ6番がセカンドボールをよく奪い、トップ25番へ縦パスを入れ、攻撃の形を作る。
対する、沼田はトップ9番が絶妙なタイミングで裏へ飛び出し、ボールを受ける。徐々に沼田が相手ゴール前でプレーする時間が続く。9番のフォローに15番、10番が入ると攻撃のバリエーションが増える。エリアやや左からのフリーキックをニアサイドに飛び込んだ選手が頭でそらしネットを揺らすもオフサイド判定。
守る時間が続く瀬戸内だったが、前半終了間際に25番の右足シュートはわずかにバーの上。
両チームとも集中力高い、緊迫した試合内容となる。
後半、沼田が奪った1点が決勝点となり、1-0で勝利する。










試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカーリーグ2019 広島