カテゴリー:記事
作陽vs広島皆実 第3節! 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 中国 (2019-04-25)
会場:ワールドシステム

作陽 4-0 広島皆実

前半作陽は細かいパスとドリブルを使い分け、皆実ゴールへ迫る。作陽は両サイドが迫力を持ってサイドを突破し、FW13番が果敢にシュートを狙う。試合が動いたのは前半37分作陽11番と5番の連携で右サイド再度を突破し、中央に折り返すと13番がヒールでうまく合わせ、先制する。皆実は11.14番を中心に攻めるも前半は1-0で作陽が折り返す。後半も作陽がうまくゲームを進める。後半70分作陽が追加点を奪う。途中出場の20番が細かいドリブルで2人を抜き去り華麗に得点を奪う。皆実もMF10が中盤からゲームを作り、何度も作陽に攻めるがゴールが奪えず、逆に後半ロスタイム作陽が2点を立て続けにとり、結果的に4-0で作陽が快勝した。

作陽–皆実
4-0
作陽
37分 13番 横尾蒼人
70分 20番 卯野翔輝
90+1分 7番 金津伶
90+2分 14番 竹村翼














試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2019 中国