カテゴリー:記事
広島文教vs山陽 試合模様①! 平成30年度広島県高等学校新人サッカー大会 女子の部 (2019-02-11)
会場:武田学園総合G

試合開始から文教はテンポのよいパス回しで山陽ゴールに迫る。前線20番に収め、サイドから6番、4番とサポートに入り攻撃に厚みをつくる。
対する、山陽は8番、10番、13番がダイレクトパスで一気にゴール前へ。ゴールやや右からの直接FKを8番がシュートするがおしくもバーに当たる。
14分、得点が動く。文教左サイドのクロスに6番が左足でそらし先制ゴールを決める。さらに右CKからグラウンダーのパスに、20番がフリーで右足を振りぬき、ボールはゴール左隅に決まり追加点。文教2点りードで前半を折り返す。
後半になっても、文教の勢いは止まらない。バックの11番からいい縦パスが入り、これに10番、6番、20番といい動きで受ける。
山陽10番、8番にボールが入るとチャンスが広がる。
後半30分、文教は20番が倒れながら左足を振りぬき3点目を決める。
このまま試合は終了し、3-0で広島文教が勝利する。










試合結果
関連イベント:平成30年度広島県高等学校新人サッカー大会 女子の部