カテゴリー:ニュース>スポーツニュース
チャリティーサッカー交流会が行われました。 (2019-01-12)
2018年1月12日、広島皆実高校サッカーグラウンドで、チャリティーサッカー交流会が行われました。

昨年の西本豪雨を受け、子供たちのためにと広島市サッカー協会が企画をされ、本日150名近くの子供たちが参加しイベントを実施されました。


広島市市長 松井様、広島市市議会議員 三宅様、サンフレッチェ広島、アンジュヴィオレ広島の選手も駆けつけてくれました。

選手は、子供たちと楽しくサッカーをし、チャリティグッズのじゃんけん大会では、ユニフォームやスパイクが出され、交流会は大変盛り上がっていました。

昨年の夏の被害で、サッカーができない状況の地区もたくさんありました。普段当たり前にサッカーができるこの環境が貴重であると子供たちはきっと学んだはずです。ボールを蹴っている一瞬一瞬の時間を大切にしこれからもサッカーを楽しんでくださいね。

そして、広島皆実高校サッカー部の皆さんも運営に協力いただきました。
駐車場の誘導、グラウンド設営、子供たちへ笑顔で対応する姿は素晴らしかったです。
広島県のサッカーをこれからも盛り上げて下さいね。