カテゴリー:記事
ファジアーノ岡山vs瀬戸内 第2節! 高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018 中国 (2018-04-17)
会場:政田サッカー場

両チーム慎重な立ち上がり。
前半10分ファジアーノ、ロングボールをトップの20番がヘディングですらし、タイミングよく走り込んだ10番がオーバーヘッドシュート、惜しくも枠を外れる。決定的な場面でした。
その後 瀬戸内が右サイドを中心に攻めてゴール前まで迫る場面を増やすが、ファジアーノの堅い守りの前になかなか決定的なチャンスをつくれない。
前半30分瀬戸内の左コーナーキック、10番のスピードのあるキックを4番がきれいにヘディングで合わせて 瀬戸内が先制する。
その後試合は拮抗して前半終了
後半守りを固める瀬戸内の前にファジアーノはなかなかチャンスをつくれない。
ファジアーノ、 途中交代で入った25番が左サイドでドリブル突破など効果的なプレーをしてチャンスをつくっていく。
最後まで守備の集中力を保った瀬戸内が1-0で勝利する。














試合結果
関連イベント:高円宮杯 JFA U-18サッカープリンスリーグ 2018 中国