カテゴリー:記事
広島観音vs境 第16節! 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ中国 (2017-12-07)
会場:広島皆実高校サッカー場

広島観音 2-1 境

観音は立ち上がりから相手ディフェンス裏にロングボールを送り、トップの選手が裏へ抜けゴールに迫る。両サイド11番、18番がスピードあるドリブルから果敢に攻め込みシュート場面まで持ち込む。境も粘り強い集中した守備からトップ11番、13番にボールを集めカウンターから攻める。前半は0-0で折り返す。
後半開始すぐ48分に観音はコーナーキックから12番が押し込み先制する。境も65分に16番が相手エリア内のミスを奪いゴールを決め同点にする。両チーム気迫のこもったプレーを見せる。72分観音は8番が右足で決めこれが決勝点となり2-1で勝利する。


得点者
48分 観音 12番今野優利
65分 境 16番川谷竜司
72分 観音 8番岡本大河














試合結果
関連イベント:高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ中国