カテゴリー:記事
文教vs大河 試合模様④! 第33回広島県女子サッカー選手権大会 兼 第39回 皇后杯全日本女子サッカー選手権大会広島県予選会 (2017-09-14)
会場:武田学園(文教)

試合開始から文教がボールを持つ時間が多く、サイド、中央から相手ゴールを脅かす攻めをみせる。11番、7番がボールを持つとエリア外からシュートを打つ。先制点は4番の右足から生まれる。左サイドを駆け上がり中央に切り返しペナルティエリアやや外から右足で低いいいシュートが相手キーパーのミスを誘いゴールを奪う。前半の終盤には11番のミドルシュートのこぼれ球を10番が詰め追加点を奪う。
大河はセンターバック9番が相手の攻撃を跳ね返す。中盤の15番もボールを奪い前線へ攻撃の起点となるパスを見せ反撃に出る。
後半にも文教が得点を重ね5-0で勝利する。








試合結果
関連イベント:第33回広島県女子サッカー選手権大会 兼 第39回 …