カテゴリー:記事
山陽vs瀬戸内B 試合模様④! 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 HiFAアドバンスリーグ (2017-05-18)
会場:広島工大高

山陽98番の勢いのあるファースシュートはゴールやや上。コーナーキックの混戦からからバー直撃のシュート。
瀬戸内17番が前線で攻撃にかかわるとチャンスが増える。個人の力から突破を試みるが相手選手の集中した守りが突破を許さない。右サイドか17番が突破し中央に折り返すと11番がつめ先制点。
山陽はカウンターから148番が持ちこむ。前半終了際に低い位置からのロングボールに98番が抜け出すと、キーパーのーでているところを右足で浮玉シュートを決め同点にする。
後半になると得点を両チームが奪い結果は山陽が3-2で勝利する。










試合結果
関連イベント:高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 HiFAアドバンスリーグ